ケアエイドそわか

訪問介護について

訪問介護とは

ホームヘルパー(有資格者)が家事全般、身体介護を行うサービスです。
「訪問介護」とは、ホームヘルパーが日常生活に支障のある介護利用者のお年寄り、障がい者の自宅を訪問し、食事や排泄、入浴などのお手伝いや、調理・洗濯など、日常生活のお世話を行う介護サービスのことです。
訪問介護サービスには、大きく分けて「生活援助」と「身体介護」の2種類があります。
又、障がい福祉サービスの方に限り、社会参加を目的とした「移動支援」というサービスがあります。

訪問介護について

介護保険とは

公的介護保険制度は、高齢化や核家族化に対応するために、2000年4月1日から施行された社会保険制度です。
介護保険の介護給付費は、40歳以上の人からの介護保険料と国・都道府県・市町村の公費によって賄われています。
要介護の認定を受けた下記の方は、介護保険が摘要され、1割の自己負担で介護サービスを利用できます。
※ 要介護度別の上限額を超えたサービスは、全額自己負担となります。

1.第一号被保険者 65歳以上で介護や支援を必要とする方。
2.第二号被保険者 40~64歳で医療保険に加入している方で、初老期認知症、脳血管障害などの加齢による病気。または、特定疾患(末期がんなど)により介護を必要とする方。

障害福祉サービス

平成25年4月1日から「障害者自立支援法」が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」になりました。
障害福祉サービスのうち、居宅で生活する障がい者は居宅介護サービス(訪問介護サービス)を受けることができます。

訪問介護の対象となる主なサービス

生活援助 日常生活のサポートを主とした訪問介護サービス。
利用者様が独り暮らし、家族が障がい、病気などのために家事を行うのが困難な場合に利用します。
【具体例】
掃除、洗濯、ベッドメイク、衣類の整理・整頓、調理、配下膳、生活必需品の買物、薬の受取り、相談援助、情報提供 など
身体介護 ホームヘルパーが直接、利用者様の身体に触れるサービスです。
【具体例】
食事介助、更衣介助、清拭、入浴介助、部分浴、体位変換、口腔ケア、排泄、通院介助、服薬介助、車椅子移乗、歩行介助、通院等乗降介助、買物同行
※移動支援 障がい手帳が交付されている方のみ。社会参加を目的とした外出。
【具体例】
車椅子競技、観劇、自己啓発の外出、趣味の外出 など

サービス提供エリア

採用情報